エコ住宅リサイクルバンク

NPO法人 eco house recycle bank's blog

歴史フットパス国際人&ガイド養成講座 〔第十回〕:     第2クール

コメントする

          =第3クール受講生募集中=
日本&横浜の歴史と文化の魅力を英語で伝えよう
健康づくりウォーク&歴史探索&英語学習が一緒にできる画期的なシステム!

◎ 充実の英会話講師:日高由記先生(通訳案内士、東京観光専門学校講師)
● 5月12日:
  講座資料

1.Kukai called Futara “Nikko”, reading the Chinese characters by their   Chinese-derived pronunciations./空海が当て字で日光にした
There are some theories for the origin of the place name Nikko. One of them is that  Hodaraku, pure land of Kannon Bosatsu, became Futara. Another is that since there are many Kuma-zasa, bamboo leaves there and they were pronounced Futora in Ainu, ans which became Futara. The third possible reason is that two mountains ( Male Mount Nantai and Female Mount Nyoho) appeared, which are called Futa-araware( two mountains appeared) in Japanese, so it became Futara.
Legend has it that when Kukai, a famous monk, climbed Mount Futara in 820, he did not think it was a good name so he changed Futara to Nikko( an on reading). 
When the Nikko Highway was made in the 17th century, Nikko became well known throughout Japan.
 翻訳(日本語)
日光の地名の由来に関して、いろいろな説があります。代表的なものとして、一つ目は観音菩薩の浄土を補陀洛山(ふだらくさん)というのでそれから二荒山(ふたらさん)の名がついたというもの。二つ目は、日光の山にはクマザサが多くみられ、アイヌ語でクマザサをフトラと言うことからフトラがフタラになり、それが二荒になったというもの。三つ目は男体山と女峰山と男女の神が現れたのでフタアラワレの山ということから二荒山(ふたらさん)になったといわれています。
820年に弘法大師空海が男体山に登った時、二荒の字が感心しないと言って、にこうと音読みして、日光にしたと伝えられています。
江戸時代になり、日光街道ができてから、日光という名前が全国的に知られるようになりました。
Rinnoji Temple and Daiyuin Mausoleum./二荒山神社、東照宮、輪王寺、
  大猷院

Futarasan Shrine and Rinnoji Temple were established as the shrine and the temple of mountainous worship in the Nara period (710-794). The two religious institutions were older than Toshogu Shrine( where Ieyasu Tokugawa was enshrined) and they were called “Nikko Mountain” or “Three places of incarnation of Buddha in Nikko” and worshipped as places of the syncretic fusion of Shintoism and Buddhism before Meij, when the Edict for Seperation of Shinto and Buddhism was decreed. Daiyuin, consisting of many Buddhist buildings and the mausoleum of Iemitsu Tokugawa, the third shogun of the Tokugawa shouganate, was constructed in 1653 and belongs to Rinnoji Temple.
 翻訳(日本語)
二荒山神社と輪王寺は奈良時代に山岳信仰の社寺として創建されたものです。1617年に建てられた徳川家康の霊を祭る東照宮より古く、明治初年の神仏分離令以前は仏堂、神社、霊廟をすべて含めて「日光山」あるいは「日光三所権現」と称して、神仏習合の信仰が行われていました。3代将軍徳川家光の霊廟である大猷院は1653年創建され、仏寺式の建築群で輪王寺所有となっています。
 
―全国の歴史古道を探索・研究し、まちづくりに活かす―
 “歴史古街道団”と提携。団長で歴史古街道研究家の宮田太郎氏がコーディネートする
  実践的英会話教室誕生!

宮田太郎プロフィール 
   ● 古街道研究家 道の考古学者 歴史ルポライター   
   ● 歴史古街道団長 歴史古道まちづくりプランナー 歴史計画コンサルタント
   ● 朝日カルチャーセンター東京・横浜・湘南、NHK学園、クラブツーリズムほか
   ● 14講座レギュラー講師 日本フットパス協会理事 1959年東京出身

2.Futarasan Shrine, Toshogu Shrine.
  

【主催・お問い合わせ】:歴史フットパス英語ガイドの会 (NPO法人横濱楽座)
                TEL:050-5536-6872/FAX:045-621-1329
                 E-mail:
info@yokoraku.org
【共催・お問い合わせ】:NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
                   TEL:050-5526-1463/http://ejrb-y.jp/contact.php

広告

作成者: ejrb

エコ住宅リサイクルバンクは、伝統的な技術をもとに時代に即した、古民家再生や良好な住宅ストックへの取り組み、和に住まう創エネ・省エネ・蓄エネ時代への新しいエコライフスタイルを提案します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中