エコ住宅リサイクルバンク

NPO法人 eco house recycle bank's blog

歴史フットパス国際人&ガイド養成講座 〔第十二回〕:     第2クール

コメントする

          =第3クール受講生募集中=
日本&横浜の歴史と文化の魅力を英語で伝えよう
健康づくりウォーク&歴史探索&英語学習が一緒にできる画期的なシステム!

◎ 充実の英会話講師:井上健夫先生(通訳案内士、東京シティーガイド、商業英語)
5月26日:
 講座資料
J: You know, Yokohama is the second largest city in Japan after Tokyo with a population of 3.6 million. But can you believe that Yokohama was a small fishing village having only a hundred thatched-huts more than 150 years ago before the port opened?
F: That’s unbelievable! I can’t imagine that from its present size. Yokohama is a really big city with large crowds in the central areas. 
J: Yokohama changed dramatically. What was once a “sleepy” fishing village has turned into a metropolitan area full of hustle and bustle. During this period, the city experienced two disasters; one was the Great Kanto Earthquake in 1923 and the other was the B-29s Carpet Bombing in 1945. In both cases, the whole city was devastated. However, Yokohama rose like a phoenix from the ashes each time.
F: I see. By the way, “rise like a phoenix from the ashes” seems to be a pet phrase of yours. I assume that it comes from the objets d’art of two phoenixes set in the entrance of the Motomachi shopping street.
J: That’s right. They are symbolic of revival, representing the history of Yokohama.
 翻訳(日本語)
J:あのさー、横浜は日本で東京に次ぐ2番目の市で人口も360万人に達しているのだ。だけど横浜は開港前、150年ほど昔のことだけど、小さな漁村で百軒の粗末な家があっただけなんてこと信じられるかい?
F:信じられない! 今の大きさからして想像できないよ。横浜はその中心に多くの人が集まる本当に大きな街じゃないか。
J:横浜は劇的に変化をしたわけだよ。かって長閑(のどか)だった漁村はせわしい大都市へと変貌していった。この間横浜は二つの大惨事を経験した。一つは1923年の関東大震災で、もう一つは1945年の横浜大空襲。その両方において全市街は完膚なきまで崩壊した。しかし横浜はその都度不死鳥のごとく荒廃した焦土から立ち直った。
F:そうだったんだ。ところで、”不死鳥のように蘇る“は君のお気に入りの言い回しだね。このことは元町ショッピング通りの入口に設置されている二つの不死鳥オブジェから来ていると思うよ。
J:その通りさ。不死鳥は回復のシンボルであり、又横浜の歴史を表わしている。

F: Yamashita Park is one of my favorite spots in Yokohama. It faces the sea, and the ocean view and breeze make me comfortable. I presume that a lot of soil was used to reclaim the land. Where was the soil from? From a nearby mountain?
J: Well, this seaside park was not reclaimed with soil, but with the debris of the nearby buildings that collapsed in the Great Kanto Earthquake in 1923. You might  say that Yamashita Park is the only positive legacy of the quake.
F: Wow! I didn’t know (the construction of) the park had something to do with the Great Kanto Earthquake. Yamashita Park seems to be very popular among young people these days?
J: Yeah, it is. The park fits the longstanding stylish image of Yokohama. In the daytime, you can get a fine view of the sea from the open space, while at night you can enjoy the beautiful illumination in and around the park to spot the historical buildings lit up nightly. The atmosphere creates a romantic mood for young couples.
 翻訳(日本語)
F:山下公園は横浜で私のお気に入りの一つだ。海に面し、その眺め、風が心地よい。多くの土砂が公園を埋め立てるのに使われたと思うよ。土はどこから持ってきたの?近くの山から?
J:あー、この海辺に面した公園は土によって埋め立てられたのではなく、1923年関東大震災によって倒壊した周りの建物の瓦礫により埋め立てられたのだよ。山下公園は地震による唯一の正の遺産といえる。
F:わー、山下公園が関東大震災とそんな係わりがあったなんて知らなかった。今山下公園は若い人の間で大変人気があるようだね。
J:その通りさ。山下公園は横浜が長い間培ったハイセンスなイメージに合うからね。日中にはその広々としたところから海を眺め、夜間には公園及び周りのイルミネーションを楽しみ、照らし出される歴史的建物を見いだすことができるよ。この雰囲気が若いカップルにロマンチックな気分を醸し出している。

 
―全国の歴史古道を探索・研究し、まちづくりに活かす―
 “歴史古街道団”と提携。団長で歴史古街道研究家の宮田太郎氏がコーディネートする
  実践的英会話教室誕生!

宮田太郎プロフィール 
   ● 古街道研究家 道の考古学者 歴史ルポライター   
   ● 歴史古街道団長 歴史古道まちづくりプランナー 歴史計画コンサルタント
   ● 朝日カルチャーセンター東京・横浜・湘南、NHK学園、クラブツーリズムほか
   ● 14講座レギュラー講師 日本フットパス協会理事 1959年東京出身

【主催・お問い合わせ】:歴史フットパス英語ガイドの会 (NPO法人横濱楽座)
                TEL:050-5536-6872/FAX:045-621-1329
                 E-mail:
info@yokoraku.org
【共催・お問い合わせ】:NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
                   TEL:050-5526-1463/http://ejrb-y.jp/contact.php

広告

作成者: ejrb

エコ住宅リサイクルバンクは、伝統的な技術をもとに時代に即した、古民家再生や良好な住宅ストックへの取り組み、和に住まう創エネ・省エネ・蓄エネ時代への新しいエコライフスタイルを提案します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中