エコ住宅リサイクルバンク

NPO法人 eco house recycle bank's blog

歴史フットパス国際人&ガイド養成講座 〔第十四回〕:     第3クール

コメントする

          =第3クール受講生募集中=
日本&横浜の歴史と文化の魅力を英語で伝えよう
健康づくりウォーク&歴史探索&英語学習が一緒にできる画期的なシステム!

◎ 充実の英会話講師:日高由記先生(通訳案内士、東京観光専門学校講師)
● 6月09日:
  講座資料

How to explain about “ Kinu-no-michi”
1.In front of the monument of “ the Silk Road”
The Japanese version of the Silk Road used to stretch from Hachioji to Yokohama, about 40km, in the mid 19th century.
Many farmers, especially those who lived in the Yarimizu region, saw good
opportunities to go to Yokohama and sell raw silk to foreign business people who were looking for good and cheap silk at that time.
Raw silk was collected from Yamanashi, Nagano, Saitama and Gunma Prefecture to Hachioji and was carried to Yokohama by horses and workers.    
Because of urban development, most of the route was lost.
 Hachioji city, which was once called “ Silk City”, designated 1.5kmof the road( from the Doryo-do site to Goten-bashi) “Silk Road”.
 An unpaved part of the road is selected as one of the100 Historical Roads by the Agency for Cultural Affairs.
 翻訳(日本語)
1.「絹の道」碑の前で
日本版「絹の道」は19世紀半ばの、八王子から横浜まで40キロほどの道でした。
八王子の、特に鑓水地区に住んでいた農民の多くが、生糸を横浜まで運んで売ればいい商売になることに気付きました。外国の商人が安くて、質のいい生糸を探していました。
生糸は、山梨県、長野県、埼玉県、群馬県などから八王子に集められ、横浜まで、人足や馬で運ばれたのです。都市化が進む中、絹の道のほとんどが失われてしまいました。
八王子市は(かつて、「蚕都」と呼ばれていました)、道了堂から御殿橋までの1.5kmの道を八王子市指定の絹の道としました。
舗装されていない、1キロほどの部分は、文化庁により、「歴史の道百選」に選ばれています。[1996]

.At the site of Doryo-do
The site is in the Ootsukayama Park.
There used to be a branch of Eisen-ji temple and which was called Doryo-do.
 Business people in Yarimizu constructed Doryo-do.
They hoped to ensure the safety of village people and travelers. 
 With the decline of the raw silk business owing to the opening of the railroad, Doryo-do eventually became a ruin and was removed in 1983.
The place became the Ootsukayama park.
 翻訳(日本語)
2.道了堂跡にて
道了堂跡は大塚山公園の中にあります。 
かつて、永泉寺の分院があり、道了堂と呼ばれていました。
鑓水の商人たちが道了堂をたて、村人や旅人の安全を祈りました。
鉄道が開通してから、絹の道を通って生糸を運搬することがなくなり、道了堂もすたれていき、1983年には解体され、大塚公園になりました。


―全国の歴史古道を探索・研究し、まちづくりに活かす―
 “歴史古街道団”と提携。団長で歴史古街道研究家の宮田太郎氏がコーディネートする
  実践的英会話教室誕生!

宮田太郎プロフィール: 
   ● 古街道研究家 道の考古学者 歴史ルポライター   
   ● 歴史古街道団長 歴史古道まちづくりプランナー 歴史計画コンサルタント
   ● 朝日カルチャーセンター東京・横浜・湘南、NHK学園、クラブツーリズムほか
   ● 14講座レギュラー講師 日本フットパス協会理事 1959年東京出身

【主催・お問い合わせ】:歴史フットパス英語ガイドの会 (NPO法人横濱楽座)
                TEL:050-5536-6872/FAX:045-621-1329
                 E-mail:
info@yokoraku.org
【共催・お問い合わせ】:NPO法人エコ住宅リサイクルバンク
                   TEL:050-5526-1463/http://ejrb-y.jp/contact.php

広告

作成者: ejrb

エコ住宅リサイクルバンクは、伝統的な技術をもとに時代に即した、古民家再生や良好な住宅ストックへの取り組み、和に住まう創エネ・省エネ・蓄エネ時代への新しいエコライフスタイルを提案します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中