エコ住宅リサイクルバンク

NPO法人 eco house recycle bank's blog

コーヒー豆 送料無料 あなたに幸せをもたらす盛りだくさん

コメントする

<br />皆さん、ご存知ですか?10月1日が、「コーヒーの日」と云うことを―。現在の日本では、お客様や友人、恋人の待合わせにコーヒー豆を焙煎して飲ませる喫茶店や珈琲館を良く利用しますよね!また、「銀ブラ」と云う言葉があることは、ご存知ですよね!大正時代の大学生たちが広めた流行語で、「銀座をぶらりと散策する」と云う意味でよく使われています。語源を遡ると1911年に銀座にオープンしていたカフェ店、カフェー・プランタンや、カフェ・パウリスタ、カフェ・ライオン(精養軒)でコーヒーを飲むことです。正装した若い女性給仕が、うやうやしくコーヒーを運んでくれるのです。男性にとっては、今も昔もたまらない光景ですね!大正時代の嗜好品と云えば、甘酒かお汁粉だった時代です。コーヒーの歴史は、コーヒーノキがいつ頃から人間に利用されていたかは、はっきりしていませんが―。アラビカ種の原産地であるエチオピアのアビシニア高原で、オロモ人が古くから利用していたとする説があります、薬草または携帯食として潰した果実や葉を獣脂とともに団子状にし、用いていたと考えられています。西アフリカ沿岸では、ヨーロッパ人が1876年に「発見」する以前からリベリカ種が栽培・利用されており、野生種の利用はかなり以前から行われていたようです。日本人がコーヒーを口に出来たのは、1950年の輸入再開以降ですが、高嶺の花だったようです。その後、インスタントコーヒーを中心に消費が伸び、現在では輸入量で世界3位となっています。完熟豆は私たちの身近な生活に欠かせないものに―、飲み口が爽やかで、フルーティな香りを感じる、いい酸味。また、甘みのある奥深い味わいが評判を呼び、“コーヒー通”から絶賛されています。

広告

作成者: ejrb

エコ住宅リサイクルバンクは、伝統的な技術をもとに時代に即した、古民家再生や良好な住宅ストックへの取り組み、和に住まう創エネ・省エネ・蓄エネ時代への新しいエコライフスタイルを提案します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中