エコ住宅リサイクルバンク

NPO法人 eco house recycle bank's blog

時空を超える国宝茶室「如庵」!

コメントする

  • 国宝茶室「如庵」は1912年、東京の三井家本邸に移築される。
  • http://japaneseculture.whdno.com/p/1612/uDwB64vs1.html
  • ↑↑本当によろしいですか?↑↑
  • 国宝茶室「如庵」は三井家が
  • 1938年に神奈川県大磯町の別邸に移していたため、
  • 難を逃れた。
  • その後1970年に、
  • 今度は所有者が名古屋鉄道へと変わる。
  • 移築先には明治村も候補に挙がったが、
  • 「明治の建物ではない」などの理由から、
  • 1972 年に犬山城の東にある
  • 有楽苑(名鉄犬山ホテル敷地内)に移築されたのです。
  • 国宝茶室「如庵」の中へ入るには、
  • 隣接する重要文化財の正伝院書院の建物から如庵へ。
  • そして勝手側から茶道口を抜けて、
  • 茶室に入る。
  • 茶室内は意外と明るくて広い感がする。
  • 勝手側を除く3面の壁と屋根裏に、
  • 合わせて6つも設けられた窓は、
  • それぞれに異なるデザインで光の効果に違いをもたらしている。
  • ↓↓無料でセレブ旅行に行く方法↓↓
  • http://aff.celebritytrip.club/ad/2889/63065
広告

作成者: ejrb

エコ住宅リサイクルバンクは、伝統的な技術をもとに時代に即した、古民家再生や良好な住宅ストックへの取り組み、和に住まう創エネ・省エネ・蓄エネ時代への新しいエコライフスタイルを提案します。

コメントを残す

コメントを投稿するには、以下のいずれかでログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中